フィンカーはプロペシアのジェネリック医薬品なので安く購入でき発毛効果を望めます。少しでも費用を抑えたいのであれば、プロペシアではなくフィンカーを使って薄毛治療をされるとよろしいです。

フィンカー服用で注意すること

フィンカーには、AGA治療薬として有名なプロペシアに含まれているフィナステリドが配合されている育毛剤となります。
フィンカーに含まれているフィナステリドの含有量は5mgの量が含まれていますので、プロペシアに含まれているフィナステリドの量の5倍配合されています。
これはかなり多い量と言えますので、一般的に服用を行うときにはそのまま飲むのではなくて分割をします。
価格のことを考えたときには、5分割して服用することによって1錠あたりの費用を安く抑えられることができます。
経済的な理由によってフィンカーの購入を行う人も多いと言えますが、取扱いをするときには注意が必要になります。
分割して服用する医薬品ということで、空気に触れている時間が必然的に長くなりますので酸化しやすくなることを考慮しておく必要があります。
医薬品を分割して服用することには一定の危険性が伴います。
分割した際に残った部分を保管しなければならないわけですが、それを自分以外の家族やペットが飲んでしまう危険性があります。
フィナステリドを配合しているAGA治療薬は男性にとっては効果のあるもので、副作用が少ないものと知られていますが、女性の服用は禁止されています。
特に妊娠している女性がフィナステリドを配合している医薬品を摂取してしまったときには、胎児に障害が発生する可能性がありますので、女性と同居している男性の場合には十分に注意をして保管しておく必要があります。
育毛剤ということで、子供の手の届かないところに置いておくことも大切です。
カッターを使用して分割を行いますので、そのときに粉末状になって飛散することが考えられます。
ペットと同居している方の場合には、ペットが口にしてしまう可能性もありますので、分割するときに飛び散らないように注意することも大切になります。